1. HOME >
  2. よくあるご質問

よくあるご質問


とても多いご質問 BEST3

いろいろな疑問

受講料について

→ ページトップへ戻る

お答えします

WFAに関して

ウィルダネスファーストエイド(WFA)って何?

WFAとは、医療機関までの搬送・移動に時間がかかる状況で活動する多くの人に学んでほしい大切な知識と技能です。 アウトドア従事者のみに限らず、家族や仲間でアウトドアを楽しみたい方へもおススメします。

⇒ 詳しくはこちらをごらんください。( WFAとは

WFAコースの修了資格とはどんな資格ですか?

民間資格(認定証)です。 WFAの講習を提供する各団体によって時間数の設定/名称がことなります。 スリップストリームでは50時間WFAと90時間WFAの認定証を3年間有効として発行いたします。

一般に消防署や赤十字で教えてもらえる救急法とは違いますか?

基礎的な知識やアプローチは通ずるものがもちろんあります。 救急法として、『都市部の救急法』と『野外(ウィルダネス)救急法』の2種類に分けられると考えていただけるとわかりやすいかもしれません。 WFAでは「緊急時の救急法」に加えて「退避計画」や「リスクマネージメント」、法律等の問題についてなど数多くの項目をぎっちり学びます。

⇒ 詳しくはこちらをごらんください。( WFAとは

50時間コースと90時間コースの違いはなんですか?

50時間コースは、基本的な事柄から、緊急時に対処するための様々な対処法、予防、そして関連機関への引き継ぎなどを学びます。 アウトドア専門職にかかわってらっしゃる方はもちろん、一般の方へも広くお勧めしております。 実際、一般の方の参加者も増えています。
90時間コースは、さらに高い知識と向上を求める方、また野外において責任ある立場に立つことが多い方などにお勧めできる講習内容です。

⇒ 詳しくはこちらをごらんください。   ( コース内容50時間コースについて90時間コースについて

インストラクターはどんな人ですか?

インストラクターは、1年のおよそ3分の1以上の期間を、実際の野外活動に費やしています。 「熱い情熱に燃え、心やさしく、自他に厳しく、面白く、そして常に真摯な姿勢で講習を行う」がモットーです。

⇒ 詳しくはこちらをごらんください。 ( 認定インストラクター
⇒ インストラクターの講習風景を一部ご覧いただけます。 ( 「参加者の声」ムービーページ

スリップストリームのWFAの特長は?

非常に楽しく、楽しい講習時間を過ごしながらも、歯ごたえは十分。 「受け身ではいられなくなる」講習会をおこなっています。
  • 学習項目が多いです。1つ1つの学習項目は理解できるようプログラムされていますが、項目が多いため復習が必要になります。
  • 学んだ「知識」を「使える技術」にします。身についた技術であれば、実際の事故の現場で役立ちます。
  • それなりにハードです。実際の事故は天候に関係なく起こりますから、雨天でも野外講習を行うなど、精神的にも肉体的にもハードです。
  • とても楽しいです。参加者はリラックスしていて笑顔が耐えません。

⇒ 講習の雰囲気はこちらをごらんください。 ( 「参加者の声」ムービーページ

→ ページトップへ戻る

参加にあたって

団体・グループでの参加はできますか?

防災、教育、研修目的など、特定のニーズに絞ったコースをご希望の場合、カスタムコースを承っております。 ニーズに沿ったコースカリキュラムをご提案させていただきます。

⇒ 詳細はこちらをごらんください。 ( カスタムコースのご案内

授業は英語ですか?それとも日本語ですか?

講習は日本語を母国語とするインストラクターによって日本語で行われます。 英語による講習をご希望の場合はカスタムコースで承ります。

⇒ 講習の雰囲気はこちらをごらんください。 ( 「参加者の声」ムービーページ
⇒ カスタムコースの詳細はこちらをご覧ください。 ( カスタムコースのご案内

講習会に参加するための年齢制限はありますか?

20歳未満の講習受講希望の方は事前にご一報ください。 保護者の承諾を得て(または保護者同伴)参加可能です。 (保護者の方に講習の内容について了承をいただく必要があります) またカスタムコースに関しては、どんな年齢からでも対応したプログラムをご用意できます。 詳しくはお問い合わせください。

⇒ ( カスタムコースお問い合わせ

講習会に参加するための資格や試験はありますか?

年齢制限を除き、特にありません。 アウトドアを愛する方の広いご参加をお待ちしています。 なお、講習には含まれないため、日本赤十字や消防の救急法(CPRトレーニング)を事前に受けておくと、スリップストリームのWFA講習をより深く理解できるかも知れません。

⇒ 年齢制限に関してはこちらをご覧ください。 ( Q. 講習会に参加するための年齢制限はありますか? )

どんな人が参加していますか?

山岳・登山ガイド、スキーパトロール、ラフティング、カヤックなど、アウトドア全般(トレッキング、クライミング、MTB、ダイビング、バックカントリースキー、etc.)の従事者に多く支持されていますが、近年では個人やグループ、または家族でアウトドアを楽しまれる一般の方からも多くご参加いただいております。 そのほかにも山岳警備隊やNPO法人で野外活動に携わる方や地域防災や市民救急に携わる方や医療従事者、または要人警護を行う方など救急法に関するより深い理解を求める方々からも参加いただいています。

山奥で実施するんですか?

開催地は交通機関からアクセスのしやすいところとなっています。 また宿泊設備のついている施設の利用をすることもあります。 講習は項目に合わせて屋内で行うものと屋外または野外で行うものがあります。

⇒ 開催地についてはこちらをごらんください。 ( 日程とお申し込み

精神面、身体面で不安があります。(例:ケガをしている、持病がある、リハビリ中、障害を持っている、等)

医師による治療や投薬指示を受けている方は、まずご自身の主治医に相談し、指示に従ってください。 参加可能か、参加するとしたらどのような点に注意が必要か、などをよく確認してください。

また、会場の設備、スタッフの手配などの都合で会場によってはご希望に添えない場合もあるかもしれません。
事務局へも事前にご相談ください。

⇒ ( お問い合わせ

筆記試験を受験せずに修了証はもらえますか?

修了証書の享受には試験合格は絶対条件となっています。 しかし、講習中に必ず試験を受けないといけないわけではなく、講習終了後1年以内であれば希望により試験を講習開催時期に合わせて受けることはできます。
体調不良やあがり症など様々な状況が懸念されますので、いつでもご相談ください。

合格する自信がありません。合格率はどのくらいですか?

合格率は公開しておりません。 「全員合格!」できる資格ではありませんが、多くの方が再度講習に帰ってこられて再度じっくり確認と練習する機会を得ることで成功されています。 試験の結果に関わらず、必ず持ち帰って頂ける「価値」があります。 スリップストリームの「3つの安心」もご覧ください。

⇒ ( 3つの安心

見学はできますか?

出来ます。 しかし、時間帯と内容(項目等)に限りがあります。 ご相談ください。

お問合せページからご連絡、またはお電話ください。

カナダで認定を取得しました。日本のリフレッシュには参加可能ですか?

リフレッシャートレーニングが有効な期間であれば、カナダでも日本でも参加は可能です。 同様に、日本国内で修了資格認定を取得した方が海外でリフレッシャートレーニングに参加することもできます。

⇒ ( 3つの安心・リフレッシャートレーニング

カリキュラムにはCPR(心肺蘇生法)は含まれますか? AEDの使い方は学べますか?

「基本の50時間コース」「高度な90時間コース」では、CPR講習はカリキュラムに含まれていません
これは次のふたつの理由からです。
  • 市民レベルの一次救命措置(BLS-CPR)は、消防署や日本赤十字などでひんぱんに講習が開催されている
  • コースの中では他に取り上げる項目が多く、限られた貴重な時間の中ではWFA講習会でしか学べない内容を優先したい
なお、カスタムコースでは、ご要望に応じたカリキュラムを構成することができます。 したがって、BLS-CPRのカリキュラムを組み込むことも可能です。

⇒ 詳細はこちらをごらんください。 ( カスタムコースのご案内

→ ページトップへ戻る

会場と宿泊について

講習会は合宿形式ですか? 宿泊する施設はありますか? 自宅から通うこともできますか?

宿泊施設のある会場で開催する場合は、基本的に宿泊付きのセットで講習会を用意しています。
宿泊施設がない会場でも、必要であれば近隣の宿泊施設を紹介いたします。 ご希望の方はお問い合わせください。
会場のお近くにお住まいの方は、ご自宅から通っていただいても構いません。

⇒ ( お問い合わせ

会場が自宅から遠いのですが、前日泊はできますか?

講習会にセットとなっている宿泊には、前日泊は含まれていません。 ほとんどの講習会会場は前日泊が可能ですが、一部の会場では前日泊ができない場合があります。 ご希望の方はお問い合わせください。

⇒ ( お問い合わせ

リフレッシャーは宿泊できますか?

リフレッシャーの方もご利用いただけます。 お申込みや費用などの詳細はお問い合わせください。

⇒ ( お問い合わせ

宿泊は相部屋ですか? シングルは利用できませんか?

宿泊がセットになっている講習会では、基本的に相部屋(2~4名)で利用いただいております。 それでも、施設や申込みの状況によっては一人部屋で提供できる場合もあります。 ご希望の方はご相談ください。

⇒ ( お問い合わせ

→ ページトップへ戻る

お申し込み

学生割引や割引制度はありますか?

友達同士、同好会、クラブの何人かまとまった人数で受講したい、など3人以上のグループでの講習会参加の場合にはグループ割引があります。 ご希望の方はお問合せください。

⇒ ( お問い合わせ

申込みはいつから受け付けていますか?

随時お申込みください。 参加予定のコースの前日まで受け付けていますが、定員数に達しますと締め切ります。

⇒ ( 日程とお申し込み

キャンセルをする場合、どうしたらいいですか?

Eメールまたは、お電話にてお早めにご連絡ください。 ご連絡の時期によっては、キャンセル料が発生する場合があります。

⇒ 詳細はこちらをごらんください。 ( 特定商取引法に基づく表記

都合により参加できなくなりました。他の日程に振り替えることはできますか?

参加予定のコースの1週間前までは無料で受け付けています。 1週間未満になりますと変更料が発生する場合があります。

⇒ 詳細はこちらをごらんください。 ( 特定商取引法に基づく表記

→ ページトップへ戻る

キットについて

ファーストエイドキットって何?

救急用品・応急用品のセットのことです。 アイテムは、絆創膏、テーピングテープ、包帯といったよく見かけるモノから頸椎カラーやCPR用ポケットマスクのような使い方のトレーニングが必要なモノまで様々です。

⇒ 詳細はこちらをごらんください。 ( ファーストエイドキットについて

講習に使うファーストエイドキットはどこで買えばいい?

ご自分のいつも携帯されているものがあればそれをお持ちください。 しかし、演習・練習で使用する素材の詰まった講習後も使えるキットの紹介もしております。

⇒ 具体的なアイテムと判断指針はこちらでご確認ください。 ( ファーストエイドキットについて

→ ページトップへ戻る

受講料について

過去にスリップストリームの講習を受講し、有効な認定証を持っています。PPP優待価格は適用になりますか?

はい、適用になります。

過去にスリップストリームの講習を受講し、現在は認定が切れています。PPP優待価格は適用になりますか?

はい、適用になります。

過去にスリップストリームの50時間コースを受講しました。こんど90時間へのアップグレードコースを受講しようと思います。PPP優待価格は適用になりますか?

はい、適用になります。

他の団体で野外救急の認定を取得済みです。PPP優待価格は適用されますか?

基本の50時間コースの場合、最低35時間以上のコースの受講歴でPPP優待価格適用となります。また、高度な90時間コースの場合、最低70時間以上のコースの受講歴で優待コース適用となります。お申し込みの際に、認定証の名称をお知らせください。

他の団体で野外救急の認定を受けたことがありますが現在は認定証が切れています。PPP優待価格は適用されますか?

基本の50時間コースの場合、最低35時間以上のコースの受講歴で優待プログラム適用となります。また、高度な90時間コースの場合、最低70時間以上のコースの受講歴で優待コース適用となります。お申し込みの際に、認定証の名称をお知らせください。

消防(赤十字)で救急救命を受講しています。PPP優待価格は適用になりますか?

いいえ、適用になりません。

日本赤十字の雪上安全法救助員Ⅱや水上安全法救助員Ⅱの認定を保持していますす。PPP優待価格は適用になりますか?

いいえ、適用になりません。

他の団体で35時間コースの認定を持っています。アップグレードは受講できますか?

可能です。スリップストリームで実施する認定試験の範囲には、基本の50時間コースの内容も含まれていますので。認定を受けた野外救急について十分な復習を行ってから受講なさってください。

秋まで有効なスリップストリームの50時間コースの認定証を持っています。秋にアップグレードを受講します。合格した場合、50時間コースの認定も含まれますか?

はい、含まれます。

他の団体で35時間コースの認定を持っています。アップグレードの受講を検討しています。50時間コースへのリフレッシュ参加は可能ですか?

過去にスリップストリームの受講歴がない方は、リフレッシュ参加はできません。また、リフレッシュ権利の購入もできません。

以前にスリップストリームの50時間コースの認定証を持っていました。認定が切れています。50時間の受講を希望しています。PPP優待価格は適用ですか?

PPP優待価格は適用されます。お申し込みの際に、認定証の番号かコース名・認定年をお知らせください。

→ ページトップへ戻る

small photo1

ここで解決できないご質問はお問い合わせください。