1. HOME >
  2. WFA講習のごあんない >
  3. 3つの安心

3つの安心

スリップストリームでは、WFA講習会への参加者に3つの"安心"を用意しています。

ひとつめの安心

リフレッシャートレーニング( 再受講 )

基本の50時間コース高度な90時間コースでは、受講したコース開始日から1年間、何回でも無料講習を受けられます。(※)
「詰め込むだけ詰め込んだスキルをもう一度確認したい」
「あの日の講習だけもう一度受講したい」
そう考えることがあるかもしれません。

再受講の動機は色々です。 コースの全日程でも一部だけでも参加可能です。 そして、場所も世界中で開催されているスリップストリームのWFA講習のどれでもOKです。

使わないスキルは錆びていきます。ぜひあなたのスキルをリフレッシュしてください!

コース受け入れ人員に限りがあります。 コース定員内で初受講の参加者を受け入れ、空いた定員数がリフレッシャートレーニング受け入れ定員となります。 リフレッシャートレーニングへお申込みいただいて、参加確定がお約束できるのが講習5日前、または10日前となることもあります。

リフレッシャートレーニング期間の延長については、講習会のお申し込みページをごらんください。

small photo1

インストラクター
林由希恵

受講生ひとりひとりをみんな覚えています。 みなさんがどのくらい1度受講した内容を覚えているか。 インストラクターにとっても勉強になります。 再会を楽しみにしています。


ふたつめの安心

再試験 / 再受講できる

もし認定試験に受からなかったら。
スリップストリームのWFA認定証はハイレベル・ハイクオリティーの証です。 認定証保持者のスタンダードを維持するためにも50時間コース、90時間コースの講習では認定試験を実施しています。 試験は、実技・筆記についてそれぞれ行います。

スリップストリームの講習会では、限られた時間の中でびっしりと多くの知識や技術を学びます。 だから「即座に試験合格」とならない場合もあるでしょう。 体調を崩したり、頭が飽和状態だったり、テストであがってしまったり

「WFA認定試験にあと一歩で届かなかった」という人のために、講習受講後1年間は再受講と再試験への挑戦を無料ですることができます。

small photo2

インストラクター
林智加子

逆にいえば、「50時間をこなせば認定証が貰えるって訳ではない」、「レベルに達しなかったら認定しない」ってことです。 当たり前ですが。 あきらめずチャレンジしてください。 その苦労はきっとあなたの血と肉になります。 ご自身の学習のスタイルやスピードに併せ、認定レベルに達するまでお付き合いしますよ。ふふふ。


みっつめの安心

常にUp to Date!( 最新情報の保証 )

野外救急の世界は常に進化と深化を続けています。 スリップストリームのWFA講習ではWilderness Medicine( 山岳/登山、野外における医学研究 )の最新情報を常に反映させる講習を提供し続けます。

また、それを教えるインストラクターの資質向上もよりよいWFA講習会を提供できるカギとなると十分に認識し、インストラクターのシーズントレーニングや研修会医学学会への参加も推奨していきます。

スリップストリームは「学びたい」意欲を持ったすべての参加者を全力でバックアップしていくためのよりよい団体作りに尽力します。
⇒ ( スリップストリームについて(企業概要)大切なもの(企業価値)

リフレッシュに参加してください。 リフレッシュで復習もかねて最新の講義をぜひ学んでください。

インストラクター林由希恵

インストラクター
林由希恵

同じインストラクターによる講義の再受講もオススメですが、別のインストラクターの講義を再受講することもオススメです。 また、上級者の参加者から得られる情報も沢山ありますので、何度でも受講してみなさんの持っている情報を Up to Date してほしいです。


【注意】 リフレッシャートレーニング、再受講の詳細

教室での講義やシミュレーション練習(シナリオトレーニング)など、講習の全工程が対象です。 その際、教材(配布資料、追加の証明書、教科書、参加者の応急処置用品の使用)の実費はリフレッシャートレーニング/再受講の参加者にご負担いただきます。 また、スリップストリームのリフレッシャートレーニング/再受講に参加できるのは本人だけです。 他人へ譲渡できません。
参加したい場合は、スリップストリームまで参加したいコースをご連絡ください。

連絡先

  • 電話 :
  • メール :
photo1